『甘くて、悪いか。』 その甘さは罪だ。 | 星付き和食店 有名ホテル採用、ご自宅用のお米【京都・八代目儀兵衛】

TOP ページ > 『甘くて、悪いか。』 その甘さは罪だ。

2013年11月30日

『甘くて、悪いか。』 その甘さは罪だ。

「長野県飯山産 夢ごこち」の特徴は、何といっても『とろみのある甘さ』だ。
口に運んだ瞬間、一瞬で甘さが口の中にいっぱいに広がり、
舌で転がせば、強い粘りが甘さをまとって絡みつき、
一噛みすれば、甘いエキスが溢れ出す。
たった一口で「贅沢」を感じるお米だ。
粘りをまとった凝縮されたこの甘さは、他に類を見ない。
長野県飯山市は雪深い山間地である。
雪降る高地の寒暖差に耐え、穂を実らせたお米は、
灼熱のジャングルで完熟しきったマンゴーのそれと似た
情熱的で濃厚な甘さを蓄えている。
過酷な環境下だからこそ、雪解けの冷たい水はお米を強くし、日中の寒暖の差はお米をより甘くする。
自然の営みの中で、0から1の甘みを生み出し、力強い甘さを蓄え続けた。
『甘くて、悪いか。』
それが「長野県飯山産 夢ごこち」だ。
その情熱的で濃厚な甘さは今年ナンバーワンと言っても過言ではない。
またその情熱的で濃厚な甘さとはウラハラに、
透明感のある白さ、清潔感を感じるツヤ、さわやかな甘さを感じる香り。
その容姿風貌は、まるでお米の貴公子だ。
貴公子のような爽やかさで、情熱的な甘さを隠している。
このお米は、もはやサギ師か。
口の中で一噛みすれば、その余韻が口の中に鮮明に残る。
その甘さ全ては、私を虜にした。
「その甘さは罪だ。」
おかずがいらずで、贅沢なお米。
あなたもきっと、罪な甘さに騙される。

夢ごこち

最新のトピック

Scroll Up