今日も頑張りすぎちゃった君に | 星付き和食店 有名ホテル採用、ご自宅用のお米【京都・八代目儀兵衛】

TOP ページ > 今日も頑張りすぎちゃった君に

2013年7月24日

今日も頑張りすぎちゃった君に

この甘さの引いていく余韻。
こごめちゃん、よく余韻という言葉を出してしまうけど、余韻って大事だと思わないかい?
夢でも現実でもそうだけど、後に残るのは結局記憶という余韻でしかないのさ。
こごめちゃん、そういう儚げなもの大事にしたいな。
舌に残る甘さ、歯に残るあのふわふわ、ふかふかの溶けそうな食感。
目を閉じても浮かんでくるあのつやつやのお米粒……。
毎晩見るかもしれない夢の入り口まで、こごめちゃんは1体しかいないから、
君の案内は出来ないけれどこのお米のつやつやな見た目と甘い香りもきっと君を素敵な夢に誘ってくれるはずだよ。
噛みしめる度にじわっじわっと浮かんでくるしっとり甘い夢にね。
お米は夏の炊飯器の中でどんな夢を見るのかな?
君は夏の素敵な星の晩にどんな夢を見るのかな?
今年の新米の由布院産の夢ごこちはどんな夢をこごめちゃんたちに見せてくれるのかな?
ふふふ、気になってしまって逆に眠れなくなってしまいそうだね。
きっと君もこごめちゃんもお米も同じ夢は見れないけど、どれも素敵な夢になるといいね。
夢ごこちという品種が、1つだけでも産地によって味が変わるように。
同じ人間、同じお米の妖精でも見る夢は異なるのさ。
さあ今日もおつかれさま。
君はちょっと頑張りすぎだから、是非とも夢ごこちを手に取ってこごめちゃんからの、おつかれさまのメッセージを、受け取ってね。
明日からも、がんばれ!
おやすみなさい。

夢ごこち

最新のトピック

Scroll Up