京都の「ひのひかり」は、夜明けに羽ばたく鶴の光 | 星付き和食店 有名ホテル採用、ご自宅用のお米【京都・八代目儀兵衛】

TOP ページ > 京都の「ひのひかり」は、夜明けに羽ばたく鶴の光

2014年5月2日

京都の「ひのひかり」は、夜明けに羽ばたく鶴の光

凛とした美しさや内に秘めた強い想いの中に、
寂しさや弱さをかね添え、
ご恩への感謝が溢れるが故に身を削って尽くしてしまうやふな
けなげさも感じます。

ひと口含んでみてください。

口に入れた瞬間にじわっと広がる豊かな甘さと、
噛めばホロホロと崩れるような口触り。
しかし噛み込むと
粒の中からはしっかりとした食感が跳ね返ってくる、
そんな印象のお米です。


和食に合わせてみましょう。

出汁の旨みを柔らかな米の表面にまとわせ、
噛み合わせることで米の甘みと融合する。
その相乗効果で互いの旨みを引き立て、
より深い味わいが生まれます。

繊細な味覚を楽しむ和食こそ、
けなげな鶴との相性が抜群です。


これは是非、試していただきたいですね!


疲れたとき、
落ち込んだときにもそっと包み込んでくれ、
また
強がる気持ちの中に潜む、
寂しさをも見抜いて受け入れてくれるようは
繊細な部分も持ち合わせています。


“米を食す”ということは、
“米と対話する”ということ。

「京都ひのひかり」は
あなたとの会話にじっくりと時間をかけて、
食事のひとときを楽しませてくれます。

また、
繊細な味わいに想いを込めれば、
それに応えるかのように旨みを引き出してくれます。

まさに「恩返し」

自身で味わうことはもちろん、
おもてなしの場でお客様に振る舞うお米としても
炊かれてみてはいかがでしょうか?


きっと食べた瞬間に
優しい笑顔が生まれることでしょう。

ひのひかり

最新のトピック

Scroll Up